消化器外科 上部消化管(胃)

治療成績

胃がんは病期に応じて、手術や化学療法を組み合わせた適切な治療を行うことで、生存率の向上が期待できます。グラフは、当科での病期ごとの5年間の生存率を示したものですが、全国統計と比較しても遜色のない結果が得られています。胃がんでは、治療後に5年間再発がなければ「治癒」したとみなします。Ⅰ期であれば90%以上の症例で治癒が期待できます。その一方、病気が進行すると完治が難しくなるため、手術や化学療法を併用した集学的治療が必要となります。

術後病気別生存率

5年生存率




ページの先頭へ